フロアのご案内

地上7階建ての建物は、免震装置と災害時も診療機能を確保できる動力設備を持つ安心構造。緊急性の高い高度医療にも迅速に対応できるよう、各フロアーごとに機能を集約しました。

1階から7階までのすべてのフロアーが導線を考えた 効率的な配置となっています。また、将来的な診療環境の変化や、医療の高度化による設備の増強にも柔軟に対応できるよう、ゆとりを持たせた設計になっています。

4~7F 病棟エリア

見守りやすい導線確保で
患者さんとスタッフの両方に優しい
癒しのフロアー
病室 ラウンジ デイルーム
スタッフステーション

3F 管理エリア

管理・事務系部門とリハビリ室を配した
静かで落ち着きのあるフロアー
リハビリテーション室 事務室 講堂
人口透析室 日帰りセンター 中央材料室

2F 高度先進医療エリア

最先端の高度先進医療を提供する
新東京病院の核となるフロアー
手術室 血管造影室 ICU CCU HCU

1F 急性期医療エリア

救急室と検査室を集約し、高度急性期医療に
迅速に対応する、新東京病院の顔となるフロアー
エントランスホール ロビー 外来 薬局
救急室 放射線検査室 核医学室 生理検査室
内視鏡検査室 栄養管理室 人間ドック