チーム紹介

新東京病院 消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センターの取り組み

がん治療では手術で確実に局所を切除することが極めて重要です。 同時に、手術のダメージ(侵襲)を最低限にとどめ、抗がん剤などの併用療法をうまく組み合わせることで、より治療効果を上げることができます。

私たちは、上部消化管、下部消化管、肝胆膵の各領域で最高水準の低侵襲手術を提供します。

ご高齢の方や心臓などの持病をお持ちの方でも、最良の手術結果を得るために、外科医と共に麻酔科医、手術室看護師、臨床工学技士などの専門職スタッフがチームを組み、周到な準備と手術前後の管理を行っています。

スタッフ紹介

副院長
医療安全管理室室長
消化器外科主任部長
松本 寛Hiroshi Matsumoto
卒大 / 卒年
奈良県立医科大学 平成6年
専門
消化器外科・大腸癌に対する低侵襲外科治療および化学療法

大腸癌に対する腹腔鏡手術、ロボット支援下手術の経験を多数持ち、国内の施設で講演、実技指導を行う。 また化学療法についても専門的に行っており、診断から治療の全てにおいて、個々の患者さんにあった医療を提供することに日々努力している。

  • 資格・認定等

    • 日本外科学会専門医
    • 日本外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会専門医
    • 日本消化器外科指導医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
    • 日本がん治療認定医機構認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)
    • Da Vinci surgical system術者認定取得
    • 日本ロボット外科学会(Robo-Doc Pilot 国内B級)
    • 奈良県立医科大学医学博士
  • 所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本臨床外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本大腸肛門病学会
    • 日本消化器内視鏡学会
    • 日本乳癌学会
    • 日本臨床腫瘍学会
    • 日本胃癌学会
    • 日本肺癌学会
    • 家族性腫瘍学会
    • 日本ロボット外科学会
    • The American society of Clinical Oncology
感染管理室次長
消化器外科主任部長
消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター センター長
岡部 寛Hiroshi Okabe
卒大 / 卒年
京都大学 平成4年
専門
上部消化管(胃・食道)

食道外科、胃外科の低侵襲手術のエキスパート。 腹腔鏡下手術における様々な部位の消化管吻合法の開発、標準化に尽力し、国内外の施設で講演、実技指導を行う。 我が国におけるロボット支援手術の先駆者のひとりで、食道領域・胃領域のプロクター(指導医)として、国内多くの病院でロボット支援手術の導入支援を行っている。

  • 資格・認定等

    • 日本外科学会専門医
    • 日本外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会専門医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定取得医
    • 日本食道学会食道科認定医
    • 日本食道学会食道外科専門医
    • 麻酔標榜医
    • 日本内視鏡外科学会評議員
    • 日本胃癌学会評議員
    • ロボット手術術者資格取得医
    • ロボット手術指導医(メンター)
    • 京都大学医学博士
  • 所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本臨床外科学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本癌学会
    • 日本胃癌学会
    • 日本食道学会
    • 日本癌治療学会
    • 日本胸部外科学会
    • 米国外科学会(ACS)
消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター 副センター長
消化器外科主任部長
本田 五郎Gorou Honda
卒大 / 卒年
熊本大学 平成4年
専門
肝胆膵外科
内視鏡外科
消化器外科一般

本田医師が提唱したSS-inner(エスエスインナー)理論は、腹腔鏡下胆嚢摘出(通称;ラパコレ)を安全に行うための要点を系統的かつ論理的にまとめたものです。

SS-inner理論に基づいて胆嚢壁の外科解剖を理解することで、安全な標準手術手技を繰り返し行うことができます。また、胆嚢摘出術の際にしばしば合併症の原因となる胆管の走行異常に対して適切な対処を行うことができます。

SS-inner理論は すでに国内外の多くの外科医に受け入れられており、本田医師は国内外の外科医が集まるさまざまな学会や研究会に招致されて、SS-inner理論を啓蒙するためレクチャーを行っています。新東京病院では、すべての外科スタッフが、このSS-inner理論に従って安全な腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。

  • 資格・認定等

    • 日本外科学会専門医
    • 日本外科学会指導医
    • 日本消化器外科学会専門医
    • 日本消化器外科学会指導医
    • 日本内視鏡外科学会
    • 評議員・技術認定医(消化器・一般外科領域2005年/LADG)
    • 技術認定審査委員(肝臓班長)・学会誌編集委員・教育委員・国際委員
    • 日本肝胆膵外科学会
    • 評議員・高度技能指導医・JHBPSci 編集委員
    • 大腸癌肝転移データベース合同委員会 委員
    • 日本胆道学会評議員・認定指導医
    • 日本膵・胆管合流異常研究会世話人
    • 消化器がん外科治療認定医
    • 京都大学医学博士
    • F.A.C.S.(Fellow of American College of Surgeons)
    • Active member of The Society for Surgery of the Alimentary Tract(SSAT)
    • Da Vinci surgical system助手認定
  • 所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本肝胆膵外科学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本胆道学会
    • 日本膵臓学会
    • 日本肝臓学会
    • 国際肝胆膵学会
    • 日本臨床外科学会
    • 日本膵・胆管合流異常研究会
    • IASGO(International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists)
    • <
麻酔科 部長
福田 光恵
卒大 / 卒年
奈良県立医科大学 平成16年
腹腔鏡やロボット支援手術の際は、通常の全身麻酔による管理に加え、特殊な体位をとることによる心臓や肺への影響などに配慮しております。 また、手術の種類や手術を受けられる方の状態に合わせて硬膜外麻酔、神経ブロック、経静脈的自己調節鎮痛法(iv-PCA)などを使って、手術後の痛みがほぼなくなるよう努めています。 外科医、手術室スタッフと協力しながら、安心、安全に手術を受けていただけるよう心がけております。
手術室 看護師
小島 直美

ダヴィンチ手術導入前はロボットの形や、どのような動きをするのか、腹腔鏡下手術との違いなどなかなか想像ができませんでした。4月に導入し実際にみて感じたのは、傷が小さく体への負担が少ない上に、複雑で細やかな手技ができる手術だということでした。当院でのダヴィンチ手術はまだ始まって間もないですが、医師や臨床工学技士の他職種や看護師とのチーム連携を大切にし、想像がつきにくいこともあるダヴィンチ手術を安心して安全にスムーズに受けていただけるよう携わっていきたいと考えています。

手術室 看護師
白川 光代

ロボット手術の看護師教育を担当していますが、女性はロボットと聞くと苦手意識が高くなりがちなので、写真を多く使ったマニュアルを作り、分かりやすい説明を心がけています。どの看護師が担当しても安心して手術を受けていただけるよう教育に邁進して参ります。また、ロボットチームの結束を高く保ち続けられるようスタッフと医師とのパイプとなり、よりよいチーム作りに貢献する所存です。

手術室 看護師
桐原 樹理

みなさん、ダヴィンチ手術と聞いてもどんな手術なのかなかなかイメージが湧かないと思います。私自身も最初は、ダヴィンチ手術ってどんな感じなの?と思っていました。しかし、トレーニングなどを通して看護師だけでなく他職種と連携を取り合い、チーム全体でダヴィンチ手術のメリットが最大限に発揮され、より良い医療が提供出来るように取り組んでいます。そして、ダヴィンチ手術という高度で最新の医療を安心安全に受けられるよう日々試行錯誤し手術に望んでいます。

手術室 看護師
中島 美由希

ダヴィンチ手術と聞くと、「最先端医療」というお堅いイメージが湧きますが、私から見て現場の雰囲気はとても和やかです。スタッフ同士がそれぞれの役割を果たし、コミュニケーションをとりながら、良い緊張感の中で手術に臨める環境がダヴィンチ手術にはあると思います。他職種同士が互いに信頼しあい、安全で円滑な手術ができるようチーム全体で患者さんを観る。手術室看護師として、そんなチームの連携を図ったり調整役を担うことも重要な役割と考えています。

臨床工学技士(ME)
室長鈴木 智和(写真右)
四方 麻琴(写真左)

我々MEサービス室は、今まで循環器疾患を中心に治療に携わってきましたが、2019年4月からロボット手術の導入にあたり、ダ・ヴィンチチームの一員として従事しています。手術前日には装置のセッティングと動作チェック、術中は使用物品の各装置への接続、画質の調整、ロボットアームの移動、ダ・ヴィンチ専用ベットの連動確認、装置トラブル対処などを行い、手術が滞りなく行えるように万全のサポートを行っています。近年、世間でも話題になっているロボット手術という最先端治療に携わる事、今までとは違った分野での業務に楽しさを感じると共にチームの一員として責任を持って積極的に業務に携わっていきたいと考えています。また、臨床工学技士の立場からより良い環境作りと各治療へのサポートを心掛けていきたいと思っています。