診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

手外科外傷センター

手外科外傷センターとは

平成26年9月に設立し、手指切断(切断指ホットライン)や重度挫滅など緊急手術を必要とする重度手外傷から、手指骨骨折、脱臼、靭帯損傷、腱断裂などの一般的な手外傷や手根管症候群や肘部管症候群などの絞扼性神経障害、ばね指やド・ケルバン病といった炎症性疾患まで手外科全般に対応します。
顕微鏡下に神経や血管を吻合するマイクロサージャリーの技術を駆使し、切断指再接合術や遊離皮弁移植術を積極的に行います。病院全体で重症な患者さんをサポートする体制が整っており、救急受け入れに関しては、麻酔科・手術室スタッフ・病床管理者と常に連携して可能な限り断らない医療を実践しています。
手という器官の特性上、機能面と整容面両方を重視し、可能な限り低侵襲な処置・手術を提案し、術後のリハビリテーションについても個々の症例に応じて計画的に行います。
当院は、日本手外科学会認定研修基幹施設として認められております。その使命は、手外科領域での専門的で高度な医療の提供、および手外科医の教育・養成であり、その役割もしっかりと果していこうと考えています。

主な対象疾患

切断重度挫滅、広範囲組織欠損
手指骨骨折、腱断裂、神経断裂、脱臼、熱傷、切創、挫創、蜂窩織炎
ばね指、デュプイトレン拘縮、へバーデン結節、CM関節症
良性骨腫瘍神経鞘腫、腱鞘巨細胞腫、ガングリオン
肘部管症候群、手根管症候群、ド・ケルバン病 など
デュプイトレン拘縮に対する酵素注射療法を実施しております。

可能な検査

レントゲン、エコー、CT、MRI、神経伝導検査

センター責任者

手外科外傷センター長 形成外科部長
柳林 聡(日本手外科学会専門医、日本形成外科学会専門医)

整形外科・リハビリテーション科とも連携して治療を行います。

代表的な手術件数

H25.8
~H26.7
H26.8
~H27.7
H27.8
~H28.7
H28.8
~H29.7
切断指再接合術 49指 130指 91指 75指
手指骨・手根骨骨折 41例 89例 82例 79例
腱縫合 38例 42例 52例 36例
腱移行・腱移植・腱剥離 10例 12例 26例 20例
神経吻合 17例 16例 20例 29例
手根管・肘部管開放術 4例 8例 12例 23例
遊離皮弁・動脈皮弁 14例 23例 19例 36例
植皮 10例 17例 30例 23例
皮膚・軟部組織腫瘍切除 83例 141例 142例 116例
デュプイトレン拘縮(ザイヤフレックス®注射療法含む) 7例 7例 8例 15例

外来受診方法

毎週木曜日(午前・午後)、毎週土曜日(午前のみ)柳林外来を受診してください。
少々お待ちいただくことにはなりますが、予約はなくとも診察可能です。

→ 外来表