医師紹介

中尾副院長

副院長 兼 心臓血管外科主任部長中尾 達也

卒大 / 卒年 広島大学 昭和62年
専門領域
  • 心臓血管外科一般
認定・資格等
  • 三学会構成心臓血管外科専門医
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練指導医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本冠疾患学会評議員
  • 日本冠疾患学会特別正会員
  • 日本AHVS/OPCAB研究会世話人
  • アジア心臓血管外科学会国際会員
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医
  • 腹部ステントグラフト実施医、指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医、指導医
北中部長

心臓血管外科部長北中 陽介

卒大 / 卒年 聖マリアンナ医科大学 平成5年卒
専門領域
  • 心臓血管外科一般
認定・資格等
  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 三学会構成心臓血管外科専門医
  • 日本経カテーテル心臓弁治療学会認定TAVI施行医
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
  • 臨床研修指導医
  • 日本AHVS/OPCAB研究会世話人
  • 聖マリアンナ医科大学心臓血管外科非常勤講師
池谷部長

心臓血管外科部長池谷 佑樹

卒大 / 卒年 東邦大学 平成16年卒
専門領域
  • 心臓血管外科一般
認定・資格等
  • 日本外科学会外科専門医
  • 三学会構成心臓血管外科専門医
  • 胸部ステントグラフト指導医
  • 腹部ステントグラフト指導医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本血管外科学会血管内治療認定医
  • 下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本腹部救急医学会腹部救急認定医
  • 日本移植学会移植認定医
  • 日本プライマリケア連合学会プライマリケア指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化管学会胃腸科指導医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 弾性ストッキングコンダクター
津田医師

津田 昇一

卒大 / 卒年 奈良県立医科大学 平成11年卒
専門領域
  • 心臓血管外科一般
所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 胸部外科学会
久米医師

久米 菜央

卒大 / 卒年 北海道大学 平成24年卒
専門領域
  • 心臓血管外科一般
認定・資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本脈管学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本外傷外科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本Acute Care Surgery学会

ご挨拶

副院長 兼 心臓血管外科主任部長 中尾 達也

新東京病院心臓血管外科は、平成3年現在の松戸の地に移転した際、右胃大網動脈を使用した冠動脈バイパス手術を世界で初めて開発した元・心臓血管研究所のスーパーバイザーである須磨久善先生を初代の心臓外科部長として招聘し開設されました。その後は天皇陛下の冠動脈バイパス手術を施行された現・順天堂大学心臓血管外科教授である天野篤先生、現・榊原記念病院心臓血管外科部長である高梨秀一郎先生、現・昭和大学豊洲病院心臓血管外科教授山口裕己先生に引き継がれ、現在私、中尾達也が、2014年の1月から心臓血管外科主任部長を任されています。そして新東京病院は今年50周年を迎え、私もここ松戸の新東京病院の地に来て10年になりました。振り返るにそれぞれの時代において注目されてきた心臓血管外科主流領域は心拍動下バイパス手術、僧帽弁形成術(左小開胸下)、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)へと現在に変遷をたどってきました。今までの時代背景が異なってはいるものの、何人かの優秀な心臓外科医が吉田松陰の松下村塾のごとく新東京病院において心臓外科を学んでいます。彼ら先達の努力の結果、新東京病院心臓血管外科はある意味ブランド化し、当然の如く新東京病院心臓血管外科に期待される患者様、院内職員、周囲病院及び社会からの高いニーズに対してお答えできるように精進努力をしなければなりません。すなわち、患者様に優しい質の高い手術を提供する一方で、手術のartをscienceにして、日本の心臓血管外科領域のleaderとして臨床データーを世の中に発信することは常に期待されています。結果として近隣の競合病院とは違った新東京病院心臓外科独自のスタイルを発信していくことにつながると思います。

幾つになっても医学に携わる医療人には、Science(科学)、Art(技術)、Humanity(人間性)の3つの要素(修練坂)が必要とされています。医療人として、心臓外科医として、他の分野の方々、多くの患者さんから学ぶことがいかに多いことかといつも肝に命じ、魅力ある心臓血管外科チームになれるよう「心技愛」という3つの坂を出来る限り登り続けたいと考えます。残念ながら手術を受けて頂いたが元気に退院できなかった患者さんや御家族の想いを、われわれ心臓外科スタッフが肝に命じて、今後も心臓血管外科チームとして患者様に優しい質の高い安定した医療を周囲に透明性を持って提供し、さらに心臓血管外科手術後のどんな問題に対しても、安心して受診していただける施設たるべくスタッフ一同全身全霊で努力を続けてまいります。