腹腔鏡下肝切除術

肝臓はお腹の最も頭側(胸の直下)にある重さ1㎏以上の大きな臓器で、おもに右の肋骨の奥に納まっています。

腸で吸収した栄養を含む血液はほぼすべて肝臓に流れ込んで、肝臓の中で体に必要な形に加工されます。 流れ込んだ血液はその後肝臓のすぐ上にある心臓に向かって流れ出ていきます。
そのため、肝臓内には血液を流し込む血管と血液を運び出す血管が、2本の木が枝を重ねたように埋まっていて、その中を大量の血液が流れています。

肝臓の位置と周囲の重要な血管

肝切除の際には出血をうまく制御しながら、これらの血管を必要な分だけ切断して病巣(がん)を含む肝臓の一部を切り取ります。 肝切除には開腹手術でも高度な技術が必要なため、以前は腹腔鏡手術として行うことは不可能と考えられていました。
しかし、手術器具の発達と外科技術の進歩により、今では開腹手術とほぼ同じ手術ができるようになりました。

腹腔鏡手術の利点

肝切除を腹腔鏡手術で行うことの最も大きな利点は2つあります。

①低侵襲な腹腔鏡手術

腹腔鏡下肝切除術は、開腹手術と比較して極端に小さなきずで済みます。

肝臓は右の肋骨の奥深いところに納まっているため、開腹手術では体壁をかなり大きく切開する必要がありますが、腹腔鏡手術ではいくつかの小さな穴と肝臓を取り出すための最低限の切開ですみます。

開腹手術
腹腔鏡手術

②出血量が少ない

もうひとつは出血量が少ないことです。 肝臓内の血管では血圧が比較的低いため、気腹によってお腹の中の気圧を上げた状態で手術を行うと、切断中の肝臓の表面からの出血量が少なくなります。

高い技術と安全性

もちろんすべての肝切除術が腹腔鏡手術に適しているわけではありませんが、適切な選択と適切な技術によって開腹手術と変わらない手術成績が得られることはすでに証明されています。 適切な選択の幅は外科医の技術に大きく影響されます。

当センターでは国内トップクラスの技術と経験を駆使して、安全確実な腹腔鏡下肝切除術を提供します。

腹腔鏡手術の適応

肝切除が必要な疾患(病気)としてもっとも多いのは、肝臓内で発生する原発性肝がん(肝細胞がん、肝内胆管がん)と、他の臓器で発生したがんが肝臓に転移した転移性肝がんです。

担当医師

消化器外科主任部長 消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター 副センター長

消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター
副センター長
消化器外科 主任部長
本田 五郎

卒大 / 卒年 熊本大学 平成4年
専門 肝胆膵外科
内視鏡外科
消化器外科一般

外来担当表

上記で説明した内容は、大まかなものです。実際にはそれぞれの疾患や患者さんの病状によりさまざまな違いがあります。詳細な内容については担当医がご説明します。また、ここにお示しするもの以外にも、施行可能な術式があります。情報が必要な方は当センターまで直接お問い合わせ下さい。